メンバー | 岩渕 弘信

メンバー | 岩渕 弘信

岩渕 弘信(いわぶち ひろのぶ)
博士(理学)
准教授
東北大学大学院理学研究科
大気海洋変動観測研究センター
気候物理学分野
E-mail: hiroiwa at m.tohoku.ac.jp (at=@)
TEL: 022-795-6742
FAX: 022-795-579
研究分野
大気放射、雲、エアロゾル、リモートセンシング、衛星データ解 析、放射収支
研究内容
雲やエアロゾルの気候影響に着目し、その放射過程に関する研究に 取り組んでいます。特に,雲やエアロゾルの現実的な物理特性を考慮した3次元放射伝達モデ ルを基盤として、雲とエアロゾルの物理的・光学的特性の研究および気候影響の理解、大気特性のリモートセンシング手法の開発を 行っています。様々な応用目的に即した放射伝達計算手法についての基礎的な研究も行っています。研究内容は多岐に渡りますが、国 内外の研究グループと協力してこれらのテーマに取り組 んでいます。

*過去5年間の研究テーマ
-複合衛星観測データを用いた飛行機雲の物理的・光学的特性に関する研究
-詳細な物理過程を考慮した3次元放射伝達モデルの開発
-気体やエアロゾルのリモートセンシングのための高速放射伝達モデルの開発
-高速かつ高精度の放射伝達解法に関する研究

*現在取り組んでいる研究テーマ
-3次元放射伝達モデルMCARaTSの開発
-3次元放射伝達効果の空間スケール依存性
-複合衛星観測データを用いた巻雲の微物理特性特性に関する研究

大学院進学を考えている学生さんへ
大学院での研究生活は、時間の限られた中で確実に成果を出さなけ ればいけないという苦労もありますが、自分で考えて理解できたときの喜びは何にも替えがたいものです。よいテーマを見つけて是非研究の楽しみを見つけて頂きたいと思います。

>>履歴書(英文)のダウンロード

履歴
*略歴
1996年3月 東北大学理学部地球物理学科 卒業
1998年3月 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻 修士課程修了(修士(理学))
2001年3月 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻 博士課程修了(博士(理学))
2001年4月 東北大学東北アジア研究センター 研究補佐
2002年4月 地球フロンティア研究システム ポスドク研究員
2004年6月 海洋研究開発機構(機関名変更) ポスドク研究員
2005年4月 海洋研究開発機構 研究員
2010年1月 テキサスA&M大学 Assistant Research Scientist
2011年1月 東北大学大学院理学研究科 准教授

*所属学会
日本気象学会 会員
可視化情報学会 正会員

*受賞
2005年7月:可視化情報学会 学会賞(SGI賞)
2007年10月:日本気象学会 山本・正野論文賞

>>全ての公表物リストを見る

過去5年間の出版物
* 論文(英文・査読有り)

  • Iwabuchi, H., T. Suzuki: Fast and accurate radiance calculations for cloudyatmospheres using truncation approximation. Journal of Quantitative Spectroscopy & Radiative Transfer, 110, 1926–1939, 2009a.
  • Iwabuchi H. and T. Suzuki: Multiple-Scaling Method for Anisotropic ScatteringAnd Its Applications to Radiance Calculations, AIP Conf. Proc. 1100, 41, DOI:10.1063/1.3117009, Current Problems in Atmospheric Radiation(IRS 2008), 2009b.
  • Irie, H., Y. Kanaya, H. Akimoto, H. Iwabuchi, A. Shimizu, and K. Aoki:Dual-wavelength aerosol vertical profile measurements by MAX-DOAS at Tsukuba, Japan. Atmos. Chem. Phys., 9, 2741-2749, 2009.
  • Irie, H., Y. Kanaya, H. Akimoto, H. Iwabuchi, A. Shimizu, and K. Aoki: Firstretrieval of tropospheric aerosol profiles using MAX-DOAS and comparison with lidar and sky radiometer measurements. Atmos. Chem.Phys., 8, 341–350, 2008.
  • Kobayashi, H. and H. Iwabuchi, A coupled 1-D atmosphere and 3-D canopy radiativetransfer model for canopy reflectance, light environment, and photosynthesis simulation in a heterogeneous landscape, Remote Sensingof Environment, 112, 173-185, doi:10.1016/j.rse.2007.04.010, 2008.
  • Wagner, T., J. P. Burrows, T. Deutschmann, B. Dix, C. von Friedeburg, U. Frie�,F. Hendrick, K-P. Heue, H. Irie, H. Iwabuchi, Y. Kanaya, J. Keller, C. A. McLinden, H. Oetjen, E. Palazzi, A. Petritoli, U. Platt, O.Postylyakov, J. Pukite, A. Richter, M. van Roozendael, A. Rozanov, V. Rozanov, R. Sinreich, S. Sanghavi, F. Wittrock: Comparison ofbox-air-mass-factors and radiances for Multiple-Axis Differential Optical Absorption Spectroscopy (MAX-DOAS) geometries calculated fromdifferent UV/visible radiative transfer models. Atmos. Chem. Phys., 7, 1809-1833, 2007.
  • Iwabuchi, H.: Efficient Monte Carlo methods for radiative transfer modeling.Journal of the Atmospheric Sciences, 63, No. 9, 2324–2339, 2006.
  • Kojima, M., S. Asano, and H. Iwabuchi: Time variations of cloud physicalproperties estimated from shipboard experiment and satellite remote sensing for Yamase clouds in June 2003. Scientific Online Letters onthe Atmosphere, 2, 45–48, 2006.
  • Kojima, M., S. Asano, H. Iwabuchi, and S. Otake: Validation experiment forsatellite remote sensing and numerical models of ‘YAMASE’ clouds. IRS2004: Current Problems in Atmospheric Radiation (Ed. H. Fischer andB.J. Sohn), A. Deepack Publishing, 383-386, 2006.

* 論文または技術報告(査読無し)

  • 岩 渕 弘信,若月 泰孝:雲解像気象モデルを用いて再現された雲の写実的可視化. 可視化情報, Vol. 28, No. 10, 162-167,2008.
  • Iwabuchi, H., and H. Kobayashi: Modeling of radiative transfer in cloudyatmospheres and plant canopies using Monte Carlo methods. FRCGC Technical Report, No. 8, 199 pp, 2008.
  • 岩 渕 弘信,小林 秀樹: モンテカルロ法を用いた曇天大気および植生キャノピーの放射伝達のモデル化. FRCGC TechnicalReport, No. 7, 235 pp, 2006.

* 著書

  • Iwabuchi, H.: Retrieval of cloud optical thickness and effective radius usingmultispectral satellite measurements and accounting for 3D effects, in “Light Scattering Reviews Vol. 2,” edited by A. Kokhanovsky, 97-124,Springer, 2006.(分担執筆)